本文へスキップ

食育って何?食育インストラクターになるには?

食育

家庭料理スペシャリスト/食育インストラクター 通信講座

家庭料理スペシャリスト

合格者には「家庭料理スペシャリスト資格」の称号が付与されます。

レシピ本を見ないで、手際よく料理が作れることはもちろん、栄養バランスを考えたレシピ作成やアレンジもできるワンランク上の料理上手を証明するものです。レストランで働く方はもちろん、料理教室の講師の方や管理栄養士、食品関係のお仕事をしている方にもオススメの資格です。

資格取得でプラスの価値付けをすることはもちろん、調理の基礎、メニューや教え方の見直し、栄養素を壊さない調理の見直しなどにもこの資格の知識は役立てられます。


家庭料理スペシャリストの受験概要


技能審査の目的 調理、調理器具、栄養学についての正しい知識を持ち、健康的な食生活をサポートするための技術と知識をもつことを証明することにより、職業能力の向上と社会的経済的地位の向上に資することを目的とします。
技能審査の対象 調理器具の特徴や扱い方、献立の立て方、基本の調理、野菜、肉、魚介類、加工品類の「選び方」、「下ごしらえの手順」、「保存方法」、1日に必要な栄養、調理器具の衛生、食中毒の予防法、食品表示などに関する職業能力を審査の対象とします。
合格者に付与する称号 家庭料理スペシャリスト資格
受験資格 協会指定の認定教育機関等が行う教育訓練において、その全カリキュラムを修了した者。
試験日程・会場 カリキュラム修了後、随時、在宅にて受験いただけます。
履修内容(学習範囲) ・調理器具の特徴や扱い方
・献立の立て方
・基本の調理について
・その他の基本知識について
・野菜、肉、魚介類、加工品類の「選び方」、
 「下ごしらえの手順」、「保存方法」
・からだと栄養
・食品と栄養
・食事計画
・食品の安全と衛生
・食環境と食育
 上記の範囲を認定教育機関にて履修いただきます。
受験料 3,500円(税込)
試験申込・合否の判定・
資格認定証の交付
協会指定の認定教育機関での全カリキュラムを修了後、所定の受験申込書に、必要事項をご記入いただき、日本能力開発推進協会までご送付下さい。また、同封の振込用紙にて受験料をお支払いください。 申込手続き後、試験問題を発送します。
得点率70%以上を合格とし、資格認定証を交付します。解答用紙到着後1ヶ月以内に合否の結果および資格認定証を送付いたします。


◆一般財団法人 日本能力開発推進協会
〒731-0102 広島県広島市安佐南区川内六丁目8番2号

食育インストラクター通信講座




 食育インストラクター講座  服部幸應の食育インストラクター養成講座

長年に渡って食育の必要性を説き、実践してきた「食育」の第一人者・服部幸應先生。本講座はその服部幸應先生の食育に対するこだわりと情熱、食育基本法の精神に基づいた本格的な通信講座です。