本文へスキップ

食育って何?食育インストラクターになるには?

食育

食育とは/食育インストラクター 通信講座

食育とは

昨今、よく「食育」という言葉を聞きますが、では「食育」とはいったい何なのでしょうか?

「食育」とは食材や食品、調理といった「食べる事」に始まり、マナーや伝統といった「文化」、更には自給率や国際的な食糧問題などの時事問題に至る「食」に関する多岐に渡った分野についての「教育」を指しています。

2005年6月に上記の食育に関する法律、「食育基本法」が制定されました。

なぜ食教育を法律にまでしなければならないのでしょうか?

また、その背景というのは何なのでしょうか?

農林水産省によると、「食生活指針の推進について(2000年3月閣議決定)」に基づいた食生活改善の普及・啓発活動をする中で以下のような現状があったという事が報告されています。

フードチェーンの多様化・複雑化や家庭等における食の教育力の低下など環境変化の中で、国民個々の自主的な努力に委ねるだけでは健全な食生活の実現が望めない状況

このような現状を踏まえ、食育に取り組む厚生労働省・文部科学省・農林水産省の3省では、食育の推進母体である「食を考える国民会議」とともにを2000年3月に策定された「食生活指針」を推進していきます。

基本のガイドラインとして、食生活に関する健康・栄養・環境・農(漁)業・文化などの情報をもって、未来をになう子どもたちを対象に生きる力を育むため、食育を国をあげて取り組まれるようになりました。

従来、教育の世界では「知育・徳育・体育」が基本とされていますが、今後、「食育」の重要性は法律にもされたことからも、その重要性は増していくことになるでしょう。


食育インストラクター通信講座




 食育インストラクター講座  服部幸應の食育インストラクター養成講座

長年に渡って食育の必要性を説き、実践してきた「食育」の第一人者・服部幸應先生。本講座はその服部幸應先生の食育に対するこだわりと情熱、食育基本法の精神に基づいた本格的な通信講座です。